ソリューション事例:皮革

植物由来のヴィーガンレザーにUVインクジェットで印刷した結果

従来食肉の副産物である動物の生皮を原料として加工され、人々に愛されてきた革製品。近年では、環境負荷を軽減したいという考え方や、カーボンニュートラルを主眼としたサーキュラーエコノミーへの意識の高まりを背景に、植物由来のヴィーガンレザーに注目が集まっています。

今回は、普段は収穫後に廃棄されているパイナップルの葉を再利用し、主原料とした「Piñatex®(ピニャテックス)」と、育成に多くの水を必要としないサボテンを由来とする「DESSERTO®(デセルト)」という2種類のヴィーガンレザーをピックアップし、UVインクジェットプリントを施したグッズの製作を試みましたので、ご紹介いたします。

革プリントの耐久試験

グッズ製作を目的に革プリントを施す場合、いくつか考慮するべきことがあります。素材にインクがしっかりと密着するか(密着性)、印刷面が傷に強いか(耐擦過性)、さらに幾度にも及ぶ曲げに対してプリントした部分が割れないかどうか(耐屈曲性)です。

下記の表は、今回ピックアップしたPiñatex®とDESSERTO®のそれぞれいくつかのラインナップに、VersaUV LEF2シリーズ(ECO-UV EUVインクを使用)で印刷し、独自の基準で評価した結果です。

ヴィーガンレザーのプリント評価結果

革素材 密着性試験
(クロスカット)
耐擦過性試験 耐屈曲試験
Piñatex® PERFORMANCE Polar White happy happy happy
Piñatex® MINERAL Pearl normal normal normal
Piñatex® ORIGINAL Natural sad normal normal
DESSERTO ORIGINAL SOFT BEIGE normal normal happy
DESSERTO ORIGINAL STIFF WHITE happy sad sad

(LEF2-200、EUVインク CMYKモードを使用)

試験機を使用した耐屈曲評価の様子

今回のケースで特に相性が良かったのは、Piñatex®のPERFORMANCE Polar Whiteという素材でしたが、成果物の用途によって求められる耐久力は変わりますし、プライマーなどの下地剤や、トップコートの活用でパフォーマンスが高まる場合もあります。

グッズへの加工

今回、静岡県浜松市を拠点とする浜松クラフトにご協力いただき、UVインクジェットプリントが施されたヴィーガンレザーを、長財布やスマートフォンケースといったグッズに加工しました。

(撮影協力:浜松クラフト)

ヴィーガンレザープリントグッズ

長財布(Piñatex® PERFORMANCE Polar White)

ファスナー付きポーチ(Piñatex® PERFORMANCE Polar White)

スマホケース(Piñatex® MINERAL Pearl)

手帳カバー(DESSERTO ORIGINAL SOFT BEIGE)

ソリューション構成

  • UVインクジェットプリンター LEF2-200あるいはLEF2-300、ECO-UV EUVインク

    UVインクジェットプリンター LEF2-200
    あるいはLEF2-300、ECO-UV EUVインク

  • バキュームテーブル VT-200(LEF2-200を使用する場合)

    バキュームテーブル VT-200
    (LEF2-200を使用する場合)

  • 出力ソフトウェア VersaWorks 6 (LEF2シリーズに標準付属)

    出力ソフトウェア VersaWorks 6 (LEF2シリーズに標準付属)

  • Adobe IllustratorやCorel DRAW<br>などのデザインソフトウェア

    Adobe IllustratorやCorel DRAWなどのデザインソフトウェア

  • ヴィーガンレザー

    ヴィーガンレザー

  • 革の加工ツール

    革の加工ツール

製作プロセス

  • STEP1

    デザインデータ制作

    デザインを革製品の寸法通りにレイアウトする

    製作プロセス_1
  • STEP2

    革素材をプリンターに設置

    印刷する革素材を両面テープでプリンターのテーブルに固定する。

    製作プロセス_2
  • STEP3

    VersaWorks 6 事前設定

    デザインデータを読み込み、レイアウトや印刷設定を行う。

    製作プロセス_3
  • STEP4

    印刷

    LEF2-200/300で印刷。

    製作プロセス_4
  • STEP5

    加工

    革製品の成果物に応じ、必要な加工を行う。

    製作プロセス_5

ユーザー事例:皮革

さらに表示

スペシャリストコラム :皮革

さらに表示